気になる歯並びは矯正歯科で綺麗にしよう|通いやすいところを選ぶ

白い歯

隙間を埋める方法

笑顔

乳歯が抜けると永久歯が徐々に生えてきます。前歯や下の歯など、所々が生え変わっていずれすべて永久歯に変わるでしょう。では、永久歯が抜けた場合はどうでしょうか。人間の永久歯はサメと違い再び生えてくることはありません。永久歯が抜けた部分はそのまま隙間が空いてしまうのです。隙間が空いたままだと不格好になってしまうでしょう。また、かみ合わせも悪くなり、歯が歪む可能性も考えられます。いろんなトラブルを招いてしまうので、永久歯を失った場合は早めに大阪や大きな街の歯科で相談をしましょう。大阪にある多くの歯科は永久歯が抜けた部分に人工歯を取り付ける治療を提案してくれるでしょう。人工歯を装着して隙間を塞ぐことで、歯の歪みやかみ合わせが悪くなるのを防ぐことができるのです。

大阪の歯科で人工歯を装着する方法は大きく分けて3つあります。その中で1番有名なのは入れ歯を作るということでしょう。入れ歯は両隣の歯を支えにして人工歯を取り付けるものです。また、ブリッジという方法もあり、これは隣の歯を削ってその上に連なった人工歯を装着して隙間を埋めるというものです。これら2つの方法だと周りの歯を傷つけてしまうのです。3つ目の方法はインプラントというもので、これは土台を埋め込んでから人工歯をその上に装着します。そのため周りの歯を傷つけずに隙間を埋めることができるのです。大阪にある歯科でインプラント治療を受けることで、入れ歯やブリッジとは違うしっかりした人工歯が手に入るでしょう。隙間をインプラントで埋めて歯のトラブルを防ぎましょう。